アルギニンサプリ

 

精力剤の役割を持つアルギニン

 

アルギニンは男性用の精力増強剤に含まれる有効成分としても有名です。アルギニンの配合量を売り文句にしている精力剤も多いですから、健康情報に詳しくなくてもアルギニンの名前を知る男性は多く、精力剤への関心の高さを伺わせます。では実際に、アルギニンは精力剤の有効成分としてどのような働きをするのでしょうか。

 

アルギニンは非常に多機能な栄養素であり、精力剤としても短期的・長期的それぞれに複数の役割を担います。短期的効果としては、アルギニンそれそのものが栄養素として使われる他、血流促進作用によって体の活力を即時的に高めてくれます。特に男性器への効果が顕著であるため、精力剤の有効成分によく用いられるのです。長期的作用としては、男性ホルモンの分泌を促進することで性機能改善や筋肉増強効果などをもたらし、また血流促進作用には長期的な健康上のメリットもあります。

 

アルギニン単体でも精力剤の有効成分としてその効果は十分なものですが、他のアミノ酸類と同時に摂取することでその効果はさらに高まります。シトルリンやオルニチンなどと同時摂取すれば血流促進作用はさらに強まりますし、アルコール分解力の増強・二日酔い予防など、大酒飲みの男性にうれしい効果も期待できます。アミノ酸はバランスが重要であり、機能性の高い遊離アミノ酸であるアルギニンでもそれは変わりません。アルギニン単体で摂取するのではなく、総合的なサプリメント・栄養ドリンクを活用するのがいいでしょう。

 

アルギニンはシトルリンと同時に摂れ!

 

アルギニンなどの遊離アミノ酸は、体内で相互変換されたり複数で一つの機能を構成するなど、関連の深い栄養素がいくつかあります。アルギニンにもシトルリンという深い関係を持つ遊離アミノ酸があり、どちらも健康のためには重要な働きを担います。

 

アルギニンとシトルリンはそれぞれ違う栄養素ですが、結果的にどちらも同じような働きを行います。というのも、肝臓でアンモニアを分解するオルニチンサイクルという回路において、アルギニンはシトルリンへ、シトルリンはアルギニンへと相互変換されるためです。アルギニンの状態では筋肉増強や成長ホルモン分泌促進、シトルリンの状態では一酸化窒素生成による血管拡張と血流促進という重要な働きを担いますが、オルニチンサイクルによって結果的にどちらの働きも行うこととなります。

 

オルニチンサイクルによってアルギニン・シトルリンが相互変換される際にアンモニアが解毒されるとともにアルギニン・シトルリンが一部消費されますので、どちらか一つを十分に摂取しておけばいいというわけではありません。どちらも必要量をしっかり満たしておくことが重要です。ただし、オルニチンサイクルではアルギニンの方がサイクル内で多く消費され、結果的にシトルリンの方が体内で枯渇しがちですので、摂取量としてはシトルリンの方が多く必要とされます。アルギニン・シトルリン同時配合のサプリを選ぶ際には、シトルリンの配合量の方を若干重視するといいかもしれません。

 

アルギニンとオルニチンの違い。どっちも摂りたい

 

アミノ酸というと筋肉の素であるタンパク質を構成するための材料というイメージが強いと思いますが、それだけでなくそれそのものが体の各部で特異な働きを行うアミノ酸もあります。そして代表的なものがオルニチンとアルギニンです。栄養学や健康について詳しくなくても、サプリメントの成分としてオルニチン・アルギニンの名前を聞いたことがある人はきっと多いことと思います。では、オルニチンとアルギニンのどちらがより健康に役立つのでしょうか?

 

オルニチンとアルギニンは働きが全く異なります。オルニチンは肝臓においてその名を冠する解毒機構であるオルニチンサイクルを形成し、アンモニアの解毒を行うなど、まさに生命維持に欠かせない働きをします。一方でアルギニンも血管拡張作用・筋肉増強作用・免疫力向上作用など幅広い健康効果を持ち、条件付き必須アミノ酸の分類にされているとおり、条件によっては必ず経口によって摂取しなければならない重要な栄養素です。また、オルニチン・アルギニンともに成長ホルモンの分泌を促す極めて重要な働きも持ちます。

 

いずれにしても、オルニチンとアルギニンでは働きが異なるため、どちらを取ればいいというものではありません。できれば両方一緒に摂取したい栄養素です。特に両方とも成長ホルモン分泌促進作用を持っており、両方のアミノ酸が充足したときにその働きは最大限高まりますので、成長ホルモン目的でこれらのアミノ酸を摂取する場合は、オルニチンとアルギニンを両方充足できるようにサプリを選びましょう。

 

アルギニンの適切な摂取量や飲むタイミングなど

 

アルギニンは食事から摂る場合は摂取タイミングなどを考える必要も余地もありませんが、サプリメントから摂取する場合はいつ飲めば最大限効果を発揮できるのか迷ったりするものではないでしょうか。アルギニンサプリには摂取タイミングなどを細かく書いていないことが多いため、なおさら気になるものです。せっかくお金を出して購入する以上、最大限効果を発揮してもらいたいものですよね。そこで、いつ飲めば最大の効果が得られるか知っておきましょう。

 

アルギニン摂取のタイミングに関して考えるポイントは二つあります。一つは吸収率の問題です。アルギニンはアミノ酸の一種ですので、他のアミノ酸と同じ消化酵素の働きによって消化・吸収されます。このとき、胃・腸に他のアミノ酸がたくさん存在する状態だと、他のアミノ酸の消化・吸収に酵素が使われている間に、吸収されないまま排出されてしまうアルギニンが出てきます。このため、吸収効率を考える場合は空腹時にアルギニンを飲むべきです。ただし中和されていないアルギニンを空腹時に飲むと胃の荒れ方も酷くなりますので、クエン酸やオレンジジュースなどと一緒に飲むなどして中和する必要があります。

 

また、アルギニンは体内で成長ホルモンの分泌を促進するという非常に重要な働きがあります。これを期待する場合、成長ホルモンの分泌量が増えるのは睡眠中ですので、就寝前にアルギニンを飲むと効率的に成長ホルモン分泌のために使われることになります。したがって、夕食を早めにとって、空腹の状態でアルギニンを飲み就寝するのがベストということになります。

 

アルギニンと一酸化窒素(NO)

 

アルギニンの特異的な働きとして、血流改善効果を何度も何度も取り上げました。アルギニンは血流を促進するからこそ、筋トレのお供にもなりますし、男性機能改善にも役立ちますし、疲労回復・冷え性やむくみ改善・内臓の機能向上などなど、非常にオールラウンダーな健康成分として多くの人の健康維持に寄与しています。そして、この働きはアルギニンが一酸化窒素を生むことによるのです。

 

より正確に言うと、アルギニンは肝臓でオルニチンサイクルという回路によって、毒素であるアンモニアを解毒するとともに一部がシトルリンへと変換されます。このシトルリンは血管内で一酸化窒素を生成し、一酸化窒素は血管壁内に存在する筋肉である平滑筋を緩めます。結果として、血管全体の収縮が抑えられ、血管が広がり血流量が増加するのです。この影響は細い血管であればあるほど顕著で、足先など末端の血流障害改善や、肝臓や腎臓などの機能向上など、健康上とても重要な働きを担っています。

 

一酸化窒素は動脈硬化の影響を緩和し合併症を予防する意味でも、現代にこそ重要な成分と言えます。そして、一酸化窒素を生む素となるアルギニンやシトルリンが重要であることは言うまでもありません。特に血中の中性脂肪やコレステロール値が高く、血管の健康状態が気になる人は、アルギニンやシトルリンを意識して摂取し、健康な内から血管の健康維持に努めるべきです。