アルギニンが薄毛、育毛に効く?

近年では薄毛・ハゲの低年齢化が進んでおり、30代から頭部が気になり出す男性も増えてきています。ハゲ対策というと育毛剤に頼りがちですが、より根本的な対策がアルギニンによって可能であることをご存じですか?特にまだハゲがそこまで進行していない人は、アルギニンによって効果的に進行を予防することができるはずです。

 

ハゲが発生するまでのメカニズムはいくつかありますが、いずれも毛根の成長がストップして、毛髪の成長が不十分な状態にもかかわらず毛根が自発的に抜けてしまう、ということを繰り返してハゲに至ります。そして毛根の健康状態を司るのが頭皮の毛細血管。毛根は血液による栄養供給に強く依存していますので、頭皮の血流悪化によってハゲの進行は加速することになります。血管の収縮をもたらす毒素を多く含むタバコが髪に悪いと言われるのもそのためです。

 

ですので、逆に血流を改善するものは全て毛根……つまり髪にも良いと言えます。そして血流改善と言えばなんと言ってもアルギニンです。一酸化窒素の生成をもたらすアルギニンは血流改善・促進のスペシャリストとも言える栄養素で、頭皮の毛細血管の血流量を大幅に増加させてくれます。さらには成長ホルモン分泌の促進作用が毛根の成長をも促すため、二重に毛髪の健康を促進してくれます。ハゲが進行してからでは遅いですが、ハゲ初期や予防の段階ならばまずはアルギニンを飲むことから始めるのをおすすめします。