アルギニンが肝機能アップに良い

アルギニンには数々の健康効果がありますが、その中でも重要な働きを一つ挙げろと言われれば、やはり肝臓での働きでしょう。アルギニンは肝臓の役割である解毒作用を実際にもたらしている栄養素の一つであり、体の中で生まれた毒素が正常に分解され排出されるのはアルギニンのおかげとも言えるのです。

 

体の中で日常的に発生する栄養素としてアンモニアがあります。アンモニアは肉のタンパク質を代謝する際に発生するため、毎日のように体の中で生まれています。アンモニアは細胞に対しての毒性を持つため、そのまま分解されずにいると体の各所で悪さを行い、最悪の場合は脳が冒されて肝性脳症などとなり死に至ります。このアンモニアを分解するのが肝臓のオルニチンサイクルという仕組みであり、この回路ではアルギニンがシトルリンへ変換され、シトルリンがアルギニンに変換される……という相互変換のサイクルとともに、アンモニアを尿素へと変換させるのです。尿素は老廃物ではありますが毒性は低いため、尿素へと変換した後に一定量溜まったら尿として排泄するわけです。

 

ですので、アルギニンが極端に不足した場合、アンモニアを分解できず命に関わる事態に陥ります。実際にはそこまでアルギニンが極端に不足することは現代では少ないものの、不足しがちな栄養素であることは確かですので、肝臓のためにも意識的に摂取したいものなのです。